HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

セブン&アイ、農水産業の復興支援でプロ発足−東北食材でメニュー提案

 セブン&アイ・ホールディングスは岩手、宮城、福島の3県の協力を得て東日本大震災で被災した東北の食品企業や大手食品メーカーと連携し復興事業「東北かけはしプロジェクト」を発足する。3年計画のプロジェクトで第1弾を11月7日から始める。グループでの被災企業などの商品販売、キャンペーン、イベントと多角的な展開で被災地の企業だけでなく、農業や水産業の復興を支援していく。

 被災企業の商品、東北の農水産物の販売や東北の食材を活用したメニュー提案、他商品と関連販売するクロス・マーチャンダイジングを展開する。従前の東北応援フェアにとどまらず店舗で展開するイベントでは被災県の知事ら幹部がトップセールスを行うほか、トークショーなども実施する。第1弾は2012年1月9日まで。展開店舗は同グループ計約1万4000店。


【2011年10月31日 日刊工業新聞社】