HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

とちぎ未来ネットワーク、産学官連携で新組織−個人参加型で発足

 【宇都宮】とちぎ未来ネットワーク(FTN、宇都宮市、進村武男会長=宇都宮大学学長、028-689-7141)が発足した。栃木県の新たな地域おこし、産業振興、人材育成を目指す異分野交流を目的とした個人参加型の産学官連携組織。発足時の会員は個人会員133人と5法人会員。

 栃木県経済同友会と県内19大学で組織する大学コンソーシアムとちぎが中心となり、「肩書にとらわれないコミュニケーションの場」を通じて幅広く同県の活性化につながる資源を探る。

 FTN事務局は宇都宮大学地域共生研究開発センター内に置く。


【2011年10月18日 日刊工業新聞社】