HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

香川県など、食品商談会開催−首都圏・関西にうどんアピール

 【高松】香川県、かがわ産業支援財団(高松市)などは5日、高松市内のホテルで食品商談会を開いた。県内の食品関連企業など47社が参加し、首都圏や関西地区から集まった大手百貨店やコンビニエンスストア16社のバイヤーに讃岐うどんやオリーブ加工製品を売り込んだ。

 県などが主催する同商談会は今年で3回目。参加企業も2010年の39社から増加した。県内中小の販路開拓をサポートする百十四銀行、香川銀行、高松信用金庫(高松市)、観音寺信用金庫(香川県観音寺市)もイベントを支援している。

 浜田恵造香川県知事は「県は食品産業をモノづくり基盤産業と並び、重点支援している。『さぬきうまいもんプロジェクト』も好評だ。香川の食品を全国、国外にもどんどんPRしていきたい」とあいさつした。


【2011年10月6日 日刊工業新聞社】