HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経産省、農商工連携で18件を認定

 経済産業省は農商工等連携促進法に基づく農商工等連携事業計画18件を認定した。中小企業と農林漁業者が相互に経営資源を活用するもので、補助金や低利融資などの支援を受けられる。

 認定を受けた計画は次の通り。

▽北日本フード(札幌市)など3社=北海道七飯町産のキノコを活用したみそ漬けの開発、製造および販売
▽グローバルアイ(山形県鶴岡市)など2者=山形県庄内地方の「最上紅花若菜」を使った粉末健康飲料の開発・製造の事業化
▽しぶや(同東根市)など2者=山形県庄内産地魚を活用したやまがた天然地魚漬けの開発とブランド化事業
▽ABS(愛知県東海市)など2者=高白度コンニャクイモを活用した糖質制限食品の製造・販売事業
▽亀屋(同一宮市)など2社=木曽川産「超極早生タマネギ」を活用したベジタブル&フルーツスイーツの開発、製造および販売事業
▽和幸(岐阜市)など2社=岐阜県産の淡水魚「大ます」の希少な切り身加工品による地産地消商品の製造販売事業
▽OKKO真珠(三重県伊勢市)など=養殖真珠の代替核としてセラミックス核を活用した宝飾品・アクセサリーの製造・販売事業
▽三徳(滋賀県長浜市)など2社=琵琶湖固有種ビワマスを活用したビワサーモンの炙り棒寿司等の開発・販売
▽ワタセ(同近江八幡市)など3者=ヘチマ繊維を活用した新クッション材の開発とヘチマ・麻等の天然繊維を用い快適さを高めた寝装品の開発と販売
▽昭栄堂製菓(神戸市)など2者=兵庫県産イチジク「おのこまち」の未利用品を活用した菓子類の開発・製造・販売
▽市民生活協同組合ならコープ(奈良市)など2者=「食べる“なら”大和」の奈良県産金ゴマ・コンニャクイモを用いた加工食品の開発・販売
▽天恵牧場(徳島県鳴門市)など2社=徳島県産の赤牛「すだち牛」を活用した加工食品の開発・製造・販売
▽遠藤青汁(松山市)など3者=完熟トマトの「トマト酢」と青汁を活用したトマト酢青汁加工品の開発・製造・販売
▽タカシン水産(高知市)など2者=高知県沖で水揚げされる鮮魚を活用した冷凍水産加工品の開発・製造・販売
▽ムクノ(大分県中津市)など4者=イチジクを活用した健康志向食品の開発および販路開拓
▽京食品(福岡市)など2社=介護食市場などに向けた、硬さの調整ができる卵焼きペーストの試作・開発・販路開拓
▽ニシモト食品(福岡県大野城市)など2者=九州産葉ワサビの特殊カット技術による商品の開発および販売
▽久米島物産公社(沖縄県久米島町)など4者=久米島産農水産物を活用した加工食品の製造・販売とブランド化事業


【2011年10月5日 日刊工業新聞社】