HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神戸会議所、台湾の観光客誘致−ミッション派遣、魅力PR

 【神戸】神戸商工会議所は台湾からの観光客誘致促進を狙って、同国に誘致ミッション「訪台湾インバウンド誘致ミッション」を派遣する。期間は19―21日の3日間で、神戸や明石、姫路などの都市景観や歴史、グルメなどの魅力をPRする。観光プロモーションを主にした海外ミッションは、同会議所ではこれが初の試みとなる。「相手方の評判が良ければ2012年度も引き続き実施したい」(同会議所)考えだ。

 神戸商工会議所の観光集客委員会委員ら8人を派遣する。20日に台北國賓大飯店(台北市)で、台湾の旅行代理店35社やマスコミ10社を招いて観光セミナーを開催。神戸の観光DVDを上映するのをはじめ、グルメやショッピング情報を提供、レセプションも行う。その一方で日本観光振興協会台湾事務所や台湾貿易センターなどへも訪問し、兵庫・神戸への送客に関する協力体制の強化も進める。

 神戸はかつて、台湾の国父と呼ばれる孫文と政財界有志との交流があったほか、神戸港の対台湾貿易総額が4316億円(2010年度)で、中国、米国に次ぐ3位を占めるなど現在もつながりは深い。ミッションを通じて親日感情が高い台湾に東日本大震災復興支援に感謝するとともに、兵庫・神戸の観光の魅力をPRし、東日本大震災で減少した観光客の回復に役立てたい考えだ。


【2011年10月5日 日刊工業新聞社】