HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

堺市、地元企業の商品開発支援−首都圏販売見据え

 【南大阪】堺市は地域資源を活用した地元企業の商品開発を支援する新事業「堺発!売れる名品づくり」を始めた。農水・伝統産品を活用した新商品開発について、経費の一部を堺市が補助する。堺市では消費者に受け入れられる商品作りを促し、地元産業の振興に役立てる方針。特に首都圏での販売を意識した商品開発を後押しし、堺市の知名度アップにも取り組む。

 補助対象となる事業は、農水・伝統産品など地域資源を活用した菓子・飲料や日用品の開発、既存商品の改良など。開発費用や販路開拓などに投入した経費の3分の2(補助上限は100万円)を補助金として交付する。

 交付が決まった企業には2012年3月下旬までの新商品完成と、12年度からの販売を求めていく。堺市内に事業所を置く企業や複数の中小企業で構成するグループ、事業協同組合などから受け付ける。10月上旬に応募の中から3―4件の交付先を決定する。

 補助金の支給による商品開発支援はこれまでも実施してきたが、販売面であまり効果が上がらなかった。そこで堺市は販売拡大が見込める商品作りを重視。首都圏をはじめ、全国に通用する商品開発をコンセプトに新規事業に取り組む。


【2011年9月29日 日刊工業新聞社】