HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

PREX、訪日研修で日本文化紹介−海外人材対象

 太平洋人材交流センター(PREX、大阪市港区、井上義国会長、06・4395・2650)は歴史街道推進協議会(大阪市北区)の協力を得て、海外人材を対象にした訪日ビジネス研修に日本の文化や歴史を学ぶ「日本文化体験プログラム」を組み込む。歴史や文化への理解が深まれば、関西の観光資産の世界普及にもつながると判断した。中小企業振興研修など9月から実施する7研修に同プログラムを導入する。

 産業振興や企業の経営理念の理解などでは、文化や歴史の影響が大きいと判断した。通常のビジネス研修に加え、同協議会が日本文化の変遷や宗教観などについての座学や社寺仏閣、伝統産業の現場視察研修を実施。聖徳太子の「和」の精神や伊勢神宮の式年遷宮などに代表される伝統技術の伝承、東京スカイツリーで採用された五重塔の「心柱制振」の仕組みなど、匠(たくみ)の技術やもてなしの心を体感してもらう。

 これまでの研修でも、日本特有の文化や慣習、歴史的背景などを問われることが多く、これらへの理解を深めてもらうことで、研修の効果を一段と高められるとみている。9月から実施する中小企業振興研修や太陽光発電導入研修、メコン地域観光振興研修など7研修で導入。今後も適宜導入していく。

 PREXは国際協力機構(JICA)らの委託を受け、発展途上国の行政官や企業経営者を対象にした産業や観光振興、金融支援策などの訪日研修を実施。毎年約300人が来日している。歴史街道推進協議会は、国宝の約6割が集積するなど豊富な関西の歴史・文化の情報を発信しようと1991年に官民共同で発足。国内外への普及活動に取り組んでいる。


【2011年8月30日 日刊工業新聞社】