HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

大阪・八尾市と会議所、産業イベントで復興支援

 【東大阪】大阪府八尾市と八尾商工会議所は、主催する二つの産業イベントを通して東日本大震災の被災地支援活動を行う。市内企業10社が参加する27日の物産展示即売会で、出展企業から義援金を募る。さらに9月21、22日に大阪市内で実施するビジネスマッチング展示会「関西三都ビジネスフェア」では東北地域復興支援ブースを特設して、東北6県の物産品などの販売や観光PRも行う。

 震災復興の一助にしようと、一定の集客力が見込める産業イベントでの被災地支援を決めた。物産展示即売会は八尾小学校体育館で行い、日用品や食品などを手がける八尾の企業が安価な目玉商品を数多く出品する。義援金は、出展社が一定金額や売り上げの一部を提供する形で集める。

 関西三都ビジネスフェアは製造業に特化しつつ、今回の開催から八尾以外に他の大阪・河内地区や京都府、兵庫県も加わって、広域的な展示会にした。出展規模は191社・団体でマイドームおおさか(大阪市中央区)の1、2階を使う。東北地域復興支援ブースは1階に6小間規模で設ける。

 会場で販売する商品は福島や宮城、岩手など東北6県の物産品を中心で、事務局側が各県大阪事務所を通じて事前に購入する。併せて各県の観光PRなども、パンフレット配布やポスター展示で行う予定だ。


【2011年8月25日 日刊工業新聞社】