HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

アミティージョイ、鹿児島・南大隅町の子育て支援

 トンカツ食べて子育て支援―。介護サービス事業を手がけるアミティージョイ(神戸市東灘区、中村吉貴社長、078-858-8807)が運営する神戸市長田区の「ねじめ食堂」では、鹿児島県南大隅町の南州農場産の豚肉を使ったメニューが人気だ。

 一見普通の定食屋に見える「ねじめ食堂」だが、その運営スタイルに特徴がある。おいしく安心して食べられる食材を提供してくれる同町への恩返しとして、注文1食につき3円を寄付するという。集まった寄付金は「過疎化で公共サービスが縮小気味の同町の子育て支援に活用する」(中村社長)。その受け皿となるNPOを2012年初旬に立ち上げる計画だ。

 同社では「ねじめ食堂」の多店舗展開とともに、同町の食材を使った弁当店を出店、15年をめどに合わせて40―50店を展開する計画。月100万円の寄付が可能と試算している。「地域格差をなくすソーシャルビジネスのモデルケースを作りたい」(同)と意気込んでいる。(神戸)


【2011年8月4日 日刊工業新聞社】