HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

茨城中小振興公社、茨城大と地域活性化で連携

 【水戸】茨城県中小企業振興公社と茨城大学は28日、県内経済の活性化を目的とした連携協定を結んだ。同公社は県内中小企業のニーズを大学のシーズにマッチングし、同大は社会貢献活動としての産学連携活動の推進につなげる。今回の協定により、県内中小企業への訪問を合同で行うほか、人材ニーズの発掘など各種情報交換会を開催し、新事業の創出や中小企業の技術革新の実現を目指す。

 同日、水戸市内の同公社で協定に調印。会見で茨城大の池田幸雄学長は「これから国立大学が生き残るためには地域貢献が大事」と述べ、公社の上月良祐理事長(茨城県副知事)は「連携協定は一つの手段、目的は地域の振興。研究者だけでなく学生も巻き込んでいきたい」と意気込み語った。


【2011年7月29日 日刊工業新聞社】