HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

南海電鉄、新型車両サザンの試乗会−快適空間を女性客に

 南海電鉄は9月1日に運行を始める新型車両サザン12000系の試乗会を開いた。新型車両は着替えなどの多目的室や、シャープのイオン発生機「プラズマクラスター」を採用するなど、女性客を意識して快適性を高める工夫を凝らした。投資額は13億6000万円。4両×2編成で、1日に上下線合わせて32本の運行ダイヤ。 新型車両の投入で、買い物やレジャーで利用する女性客の掘り起こしを狙う。設備の導入にあたっては同社女性社員160人を対象にアンケートを実施した。


【2011年7月7日 日刊工業新聞社】