HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

近鉄、新型観光特急を13年春に運行

 近畿日本鉄道は、伊勢神宮の社殿を20年に一度建て替える「伊勢神宮式年遷宮」を記念し、2013年春に新型観光特急の運行を始める。37億円を投じて専用車両を開発する。運行区間は大阪(難波もしくは上本町が候補)―伊勢志摩間と名古屋―伊勢志摩間で、6車両編成で各区間1本ずつ走らせる。ガラスを高い位置まで配置するなど展望性を高める。乗客の座り心地も重視し、横揺れ軽減装置を設置するほか座席の前後間隔を同社従来比19%増の1.25メートルに広げる。


【2011年7月4日 日刊工業新聞社】