HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

流山商業協組、「スイカ」「パスモ」活用したICポイントカード導入

 【千葉】流山商業協同組合(千葉県流山市、中村貢代表理事、04-7158-6111)は、交通系ICカード「スイカ」「パスモ」を活用した全市共通ポイントカードを導入した。流山市と連携し、レジ袋を使わない買い物客にポイントを付与するなど独自のサービスで魅力を高め、市内の商業活性化につなげる。カードが使える加盟店は現在約100店。年度内に150店まで増やす計画。

 スイカやパスモをウェブサイトなどで登録すると、ポイントカードとして使える。商品の購入金額に応じて105円につき1ポイントを付与。1ポイント=1円として利用できる。加盟店のうち「ノーレジ袋推進店」ではレジ袋を辞退した場合に5ポイントを付与する。スイカやパスモを持たない買い物客には専用ICカード「ながぽん」を発行する。

 市は、各種行政サービスにポイント制度を組み込むことでカード普及を後押ししていく。その一環として一般家庭向けの「ながれやま節電チャレンジ20」を実施。7―9月の期間中、1カ月でも電力使用量を前年同月比20%以上削減した世帯に対し、抽選で500ポイントが付いたながぽんをプレゼントする。


【2011年6月29日 日刊工業新聞社】