HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

茨城醤油工業協組、鑑評会開く−地場産しょうゆの味競う

 茨城県醤油工業協同組合(東京都中央区、幡谷貞賢理事長、03-3666-3286)は14日、茨城県茨城町の茨城県工業技術センターで2011年度茨城県醤油鑑評会を開いた。しょうゆ出荷数量が年々減少する中「地場産の良さを広めるため、品質を向上させる」(幡谷理事長)のが目的。13社が出品した計18点について、官能検査員が色合い、香り、風味などで採点した。

 審査の結果、大橋醤油店(古河市)のさいしこみしょうゆ「昔しょうゆ」と、清原醤油醸造店(龍ケ崎市)のこいくちしょうゆが同率1位に選ばれた。大橋醤油店の大橋幸治社長は「さいしこみは山陰地方が本場。今年初めて出品したさいしこみが全国でどう評価されるか楽しみ」と話した。入賞した9点は7月の日本醤油協会主催の全国醤油品評会に出品される。(水戸)


【2011年6月15日 日刊工業新聞社】