HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

ファミマ、広島県と連携協定−地域活性化や県産品開発

 【広島】ファミリーマートは6日、広島県と包括的連携に関する協定を結んだ。広島県内の地域活性化と県民サービスの向上を目的に、県産品の開発など9分野で緊密な相互連携と協働活動を推進する。協定を記念して7日から中国地方などで記念フェアを行う。連携して県産品の販売、オリジナル商品の開発・販売、観光情報や振興、地域防災への協力などに取り組む方針。

 県内169店舗に県産品コーナー、県政情報発信コーナーなどを設置する。 記念フェアとして27日まで、ちりめん広島菜おむすび、おろし豚タツタ弁当など県産食材を使用したオリジナル商品5点を販売する。

 湯崎英彦広島県知事は、「多くの拠点を持つ主体との連携は、県の情報発信に大変意義深い。企業と行政の連携が県勢活性化に結びつく」と期待している。


【2011年6月7日 日刊工業新聞社】