HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神奈川県綾瀬工業団地協組、携帯ストラップで地域貢献

 モノづくりで地域貢献―。神奈川県綾瀬工業団地協同組合(神奈川県綾瀬市、松原政次理事長、0467-78-8383)は2010年10月から期間限定で販売した「あやせ携帯ストラップ」の売上金8万7600円のすべてを綾瀬市の社会福祉基金と「手をつなぐ育成会」に寄付した。

 携帯ストラップは同組合の会員企業の若手経営者らのアイデアを集め、金属板をレーザー加工して製作。市民にモノづくりへの理解を深めてもらうとともに地域活性化に役立てることを目的とした。同市の市章や市の花であるバラ、特産品の高座豚をデザインした。

 同市の障害者授産施設で販売し、11年4月末で終了。一個300円で、当初の販売目標とした100個を大幅に上回る288個を販売した。

 ストラップ製作のリーダー役を務めた加川製作所の加川圧司社長は「想定を超える販売ができ、企画の目的は達成できた」と満足そうに語った。

 同協同組合は70年に設立。市内のモノづくり企業43社で構成する。(厚木)


【2011年5月19日 日刊工業新聞社】