HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

広島大、9件の地域連携推進研究プロ採択

 【広島】広島大学は2011年度「広島大学地域連携推進研究」に、9件の研究プロジェクトを採択した。地域社会の共通性の高い課題などに対して、広島大の研究者が地域と連携して研究、成果を地域に還元する。10年度までの地域貢献研究をリニューアル、地域活性化に貢献する取り組み。研究期間は11年度末までの1年間。

 中四国地域の個人・団体を対象にテーマを募集。地方自治体、NPO法人、企業などから30件の応募があった。その中から松村幸彦教授のバイオディーゼルの恒常的活用のための品質安定化に関する調査研究(提案者=NPO法人アイエヌイーおおあさ)など研究協力型5件、河合豊明氏(学生)の竹原の先人の知恵に学ぶ環境学習プログラムづくり(提案者=竹原市)など地域協働型4件の9件を採択した。


【2011年4月8日 日刊工業新聞社】