HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

横浜高島屋、福島・群馬など5県の野菜販売

 高島屋は6日、横浜高島屋で福島、群馬、栃木、茨城、千葉の5県の野菜の販売に乗り出した。5県の野菜計約30種類を集積販売した。また群馬県やJA職員らにより放射性物質を検査した結果を公表したほか、試食会など安全性をピーアールするイベントも実施した。現在、福島原子力発電所事故の影響を受けた風評被害で、北関東産の野菜は、価格の低迷や販売ルートが確保できないなどの打撃を受けている。

 6日から販売を始めたのは福島県産のプチトマトやニラ、群馬県産のトマト、アスパラガス、茨城県産のミズナなど。仕入れ状況により品目は異なるが地下2階の野菜売り場で当面販売を続ける。今後は横浜高島屋にとどまらず、本支店でも同様の展開を検討する見通し。


【2011年4月7日 日刊工業新聞社】