HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神奈川・横須賀市、スマートフォン用アプリ来月配信−観光・店舗情報を提供

 【横浜】神奈川県横須賀市は市内の観光情報を提供するスマートフォン向けアプリケーションの配信を始める。まず「よこすか海軍カレー」と「ヨコスカネイビーバーガー」の店舗を紹介するアプリを5月7日から提供する。利用無料。市内の特産品や観光情報を発信し、特にスマートフォンを活用する若者層をターゲットに誘客していく。

 アプリケーションは米アップルの「iPhone(アイフォーン)」と、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンのどちらにも対応する。登録された店舗への行き方や店の口コミなどを見ることができる。登録店舗の数はよこすか海軍カレーアプリが20店舗程度、ヨコスカネイビーバーガーアプリが12店舗ほど。店舗情報に加えてクーポン機能や、携帯電話に搭載されたカメラを通して施設や名所などを見ると画面上に関連情報が表示される「セカイカメラ」、「ツイッター」の活用も検討している。

 海軍カレーは日本のカレーの元祖と言われ、昔ながらの材料を使う。米海軍発祥のネイビーバーガーは、牛肉100%のステーキのようなパテが特徴。アプリの種類は順次拡大する方向で、観光名所や市の名物であるトンネルなどを紹介するアプリを計画中だ。アプリ開発は「インターネット等を活用した情報発信事業」の一環で、同事業の総予算は100万円。


【2011年4月6日 日刊工業新聞社】