HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

パソナグループ、淡路島で農業・芸術活動を融合した新就労プロ始動

 パソナグループは4月から兵庫県・淡路島を拠点に農業と芸術活動を組み合わせた新しい働き方を探る「COCOCALA村(ここからむら)」プロジェクトを始める。パソナ・大阪(大阪市北区)などで“芸農社員”と名づけた参加者200人を募集。パソナの独立就農者育成施設「チャレンジファームin淡路」で農業を学ぶとともに、芸術家による研修講座などを受ける。芸術活動を通じた地域活性化や起業を目指す人材育成を目指す。

 2008年10月に開設した淡路島のファームは約4ヘクタールの用地で、現在約30人が野菜の植え付けや収穫、加工品の開発・販売などを実習中。音楽などの芸術活動を続けながら農業経営を学びたい希望者も多く、新プロジェクトを立ち上げた。

 採用社員には4月以降1年間、月10万円と別途寮費2万円、交通費などを支給。社会人として必要なビジネスの基礎や芸術家に必要なマネジメント技術、企画力なども習得する。問い合わせは事業開発部(03-6734-1070)。


【2011年3月30日 日刊工業新聞社】