HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

JR西、関空起点に新幹線旅行−訪日外国人向け商品開発

 JR西日本は中国など海外から日本に訪れる外国人向けに山陽・九州直通新幹線を使った国内観光商品を開発する。12日に開業予定の同新幹線に、海外から西日本への玄関口である関西国際空港(関空)を起点として外国人観光客を誘導するのが狙い。直通新幹線開通を訪日観光の目玉として売り込む。2011年度中にも売り出す。

 同社上海事務所の活用やグループの旅行会社、国内大手旅行代理店などにヒアリングなどを実施。瀬戸内海沿岸や九州の温泉地など沿線観光を外国人向けにアレンジして商品を設計する。中国国内では外資系旅行代理店の直接営業が認められていないため、現地旅行代理店にDVDなどによる動画像を提供するなどして販促活動を行う。

 関空は年間31万人(09年実績)の中国人観光客が利用し、格安航空(LCC)も就航予定。

 JR西日本では「海外から西日本への入り口は関西国際空港と福岡空港だと捉えている」(佐々木隆之社長)としており、国内観光での航空機との競合を踏まえつつ、関空との連携を意識した展開を進める。


【2011年3月3日 日刊工業新聞社】