HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

富山県、新しいお土産開発−気軽におすそわけ

 富山県は新しいお土産品「越中富山 幸のこわけ」シリーズを発表した。同県の「おすそわけ文化」がコンセプトで、海鮮物を使った酒のおつまみや、昆布じめ、地酒など18種類。県内の食品メーカーなど複数の企業が参画し、一つのブランドで展開する。価格は315―735円。気軽におすそわけできる量と現代的なパッケージで、新たなお土産として人気を集めそうだ。

 同県は2009年に「越中富山お土産プロジェクト」を立ち上げ。富山県総合デザインセンターを中心に開発を進めてきた。富山空港、JR富山駅など県内4カ所のほか、東京都千代田区の東京駅構内ニッコリーナエキュート東京店でも販売している。


【2011年2月25日 日刊工業新聞社】