HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経済産業省・中小企業庁、JAPANブランド育成支援事業の募集開始

 経済産業省・中小企業庁はJAPANブランド育成支援事業の募集を始めた。地域の伝統技術や素材を生かした製品を、海外販売できるようにするための補助金事業で、締め切りは3月22日。複数の中小企業や組合などが連携して取り組む海外販路開拓を支援する。

 支援メニューは二つある。一つは市場調査やブランドコンセプト検討など準備段階を支援する「戦略策定支援事業」。1年間の支援で、補助金上限額は500万円。

 もう一つは、製品の共同開発や海外展示会への出展、ブランド管理体制整備などを支援する「ブランド確立支援事業」。単年度ごとに審査があるものの、最長3年の支援が受けられる。2000万円を上限に経費の3分の2を補助する。

 応募には、中小企業庁のホームページからダウンロードした申請書が必要。申請書に事業計画など必要事項を記入後、各地の経済産業局に提出する。5月には採択先が決定する予定。

 2010年度の1次募集では112件の応募に対し66件、2次募集では49件中、17件を採択した。採択案件は2―3年前の欧州志向から、アジア市場を狙うものに変化してきている。扱う製品も「加工食品などが加わり、分野が広がっている」(企業庁)という。11年度予算は5億9000万円。


【2011年2月23日 日刊工業新聞社】