HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

天龍木材、地元“天竜杉”を床材に−プレス加工で強度7倍

 天龍木材は“天竜杉”として知られる地元静岡県のスギ材を使った複合フローリング材「プレスウッド」を発売した。プレス加工でスギ材の厚さを60%圧縮し、強度を通常の約7倍に高めた。全国の自治体で地元材を使用する動きが広がっているのを背景に、学校や公共施設を中心に売り込む。年間1億円程度の売り上げを見込む。

 スギは表面が軟らかく傷つきやすいため床材には向かないとされる。同社はスギ材を厚さ3ミリメートルに圧縮、台板に合板、裏面に発泡状のカルプ材を組み合わせて強度を高めた。表面には無溶剤タイプの紫外線(UV)セラミックス塗装を施した。

 すでに2011年末に完成予定の浜松市天竜区役所への採用が決まった。国内住宅着工件数が伸び悩む中、新製品の拡販に力を入れる。(浜松)


【2011年2月18日 日刊工業新聞社】