HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

四国経産局、「しこく編集学校」が人気

 四国経済産業局が取り組む「しこく編集学校」が人気を集めている。地域や企業の魅力を効果的に伝える情報発信の手法を学ぶもので、四国の中小企業の強みなどについて“編集視点”でとらえる。2010年10月に1回目の講座を開催。今月末まで計6回を開く計画だ。

 これまで、日本デザインセンターの柴牟田伸子チーフ・プロデューサーらが講師を務めた。「カリキュラムを徹底的に計算して人選している」と企画に携わった四国経産局の長谷部文子広報・情報システム室係長は話す。高松市内の名跡を会場にするなど、さまざまな工夫を凝らしている。

 講師陣がツイッターで集客を呼び掛けたこともあり、これまでに高松市内で開催した4回の講座はすべて満員だった。参加者も、中小企業の経営者や自治体関係者からフリーターまで幅広い。

 他地域の経産局からも日程の問い合わせがあるなど注目度も高い。来年度の計画は未定だが、長谷部係長は「もう1年やればスキームも確立し、他の地域との連携も進む」と意欲を見せている。(高松)


【2011年2月3日 日刊工業新聞社】