HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

足利銀など、「とちぎ食の展示・商談会」を開催−栃木県内112社参加

 【宇都宮】足利銀行と栃木県は20日、マロニエプラザ(宇都宮市)で「とちぎ食の展示・商談会」を開いた。県内の食品関連企業112社が参加し、イチゴやニラ、乳製品など県産品を使った自慢の商品をアピール。開会のあいさつで、足利銀の藤沢智頭取は「県の農産物や食品を大いにアピールし、商売につなげていただきたい」と期待を込めた。

 県内を中心とした関東圏のホテルや百貨店などのバイヤー43社が来場し、県産品を“品定め”した。また事前予約制の商談会も実施。同行担当者は「昨年は40件超の商談が成約している。今回はそれ以上の成果を期待したい」と話していた。


【2011年1月21日 日刊工業新聞社】