HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

水戸市、特産品「かんしょ」PR−市民に干し芋加工体験会

 特産品として推進中の「かんしょ」加工品をもっと知ってほしい―。水戸市は食育の観点から、50人の消費者を対象に、苗の植え付け、掘り取り、干し芋加工体験と芋焼酎の工場見学を工程ごとに季節に合わせて実施している。今年で3年目。子ども同伴の参加者も多く、焼酎工場を見学したほか、干し芋加工では親子で皮むきを楽しんだ。

 加工体験では、甘い香りがする一室で、タマユタカなど4種類の芋の皮むきと切る工程を体験。工場見学では地元の酒類総合メーカーの明利酒類(水戸市)が協力し、焼酎の製造工程を見学した。同社の鬼沢啓一技術部生産課長は「茨城の焼酎をもっと県民に飲んでほしい」と話していた。(水戸)


【2011年1月18日 日刊工業新聞社】