HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

ノバレーゼ、”6次産業化”を支援−特産物で新商品

 ノバレーゼ(東京都中央区、浅田剛治社長、03‐5524‐1122)は地域の農家、農作物を対象に第1次、2次、3次産業が連携して付加価値を上げる6次産業化支援を本格化する。同社が運営する施設の近隣農家や加工会社と共同で“ご当地”の特産物を使用した新商品を開発する。ブライダル業で蓄積した商品パッケージなどのブランド戦略や、トレンドを反映した商品開発など商品化のコンサルティングを行う。

 同社は静岡県の農家、ソースメーカーの2者とともに、収穫前の摘果ミカンを使用したお酢の新商品を開発しており、今春にも商品化する予定。新潟県でも同様の取り組みを進めており、今後は社員が収穫した商品の開発を行う。新商品は同社の婚礼施設兼レストランでもメニューに取り入れ、トレサビリティ可能な食品として提供する。


【2011年1月6日 日刊工業新聞社】