HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

新潟・燕市、金属洋食器製造で100周年イベント

 日本金属洋食器工業組合(新潟県燕市、田中正勝理事長、0256‐63‐5121)は、2011年が燕市で金属洋食器製造が始まってから100年目に当たることを記念し、式典など各種イベントを実施する。節目の年にイベントなどを通じて盛り上げることで、あらためて燕の金属洋食器をアピールしたい考えだ。

 1911年(明44)銅器作りなどで金属加工の技術があった燕地域に、東京の商社から金属洋食器加工の依頼があったことが金属洋食器製造の始まりとされる。その後、輸出による繁栄、円高による苦境などがあったものの、国内最大の産地として現在でも生き残っている。

 主なイベントとして22日に一般市民も対象にした100周年記念式典を開催。また11月には、金属洋食器に関する知識を問う「カトラリー検定」を実施する。

 同工組の田中理事長は「イベントを通し日本中に洋食器のことを知ってもらいたい」と話している。同組合の取り組みに関して、燕市も応援していく方針だ。(新潟)


【2011年1月6日 日刊工業新聞社】