HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/東日本高速道路関東支社水戸管理事務所・鈴木康夫所長

 「茨城産ブランドの普及促進に役立ってほしい」と期待するのは、東日本高速道路(NEXCO東日本)関東支社水戸管理事務所(水戸市)所長の鈴木康夫さん。

 常磐自動車道初の商業施設「ドラマチックエリア友部」を茨城県笠間市の友部サービスエリア(SA)の上下線に開設した。「北関東自動車道の全線開通や2014年度には常磐道が仙台方面とつながり、東北との往来増も見越せる」と意義を語る。

 同SAは年間750万人が利用。「利用者に喜ばれるように、地域の魅力を引き出し、ドラマを演出していきたい」と地域情報の発信拠点を目指す。(水戸)


【2011年1月6日 日刊工業新聞社】