HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

望月製紙など、高知・鳴無神社の“恋愛成就”応援グッズを開発

 望月製紙(高知県土佐市)、菊水酒造(同安芸市)、けんかま(同須崎市)は、恋のパワースポットとして注目される同県須崎市の「鳴無(おとなし)神社」と協業し、「恋に効く商品」を企画・販売した。恋愛・結婚を願う人たちを応援する商品の開発と観光資源の「鳴無神社」をクローズアップし、物産と観光の両面で高知県の地域活性化につなげる狙いだ。

 望月製紙がトイレットペーパー、菊水酒造がリキュール、けんかまがかまぼこをそれぞれ開発した。

 トイレットペーパー「恋に効く7つの呪文(じゅもん)」には一般から公募した「心に響く恋の話」をプリントするなど、「恋愛成就」の願いを込めている。3社の商品は東京・銀座の高知県アンテナショップ「まるごと高知」でも販売する。(高知)


【2010年12月2日 日刊工業新聞社】