HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

近畿大阪銀など4行、“食”をテーマに商談会

 近畿大阪銀行は埼玉りそな銀行、広島銀行、伊予銀行と共同で25日に大阪市中央区のTWIN21で「第1回ネットワーク商談会IN大阪」を開いた。“食”をテーマにした事前予約制の商談会で、近畿を中心とする買い手企業24社と、新たな販路を求める広島、愛媛、埼玉県などの売り手企業33社が参加。商材展示とともに、合計で約150件の商談をこなした。

 商談会は近畿経済産業局などの提案もあって実現。桔梗芳人近畿大阪銀社長は「銀行が仲介することで信頼をもって商談ができる」。共催各行も「食の都・大阪で認められることが世界へ通じる」(角廣勲広島銀頭取)、「個別商談で商材がブラッシュアップされる」(森田浩治伊予銀頭取)などと、開催意義を強調した。

 続く商談会の日程などは未定だが、「協賛行、いいテーマがあれば大阪以外でも開きたい」(桔梗近畿大阪銀社長)としている。


【2010年11月26日 日刊工業新聞社】