HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経産省、「クールジャパン」の産業化急ぐ

 経済産業省はクールジャパンの産業化を急ぐ。2011年4、5月をめどに新たな戦略を策定するとともに、新興国などの市場開拓に向けて10件程度のモデル事業の実施を計画。専門の審議官を新設し、推進体制を強化する。文化産業は所管が他省庁にまたがるため明確な国の戦略がなかったが、同省は改めて産業化に向けた道筋を模索するとしている。

 同省はクールジャパンを「世界が共感する日本」と規定し、日本のファッションやアニメーション、食文化、匠の技に基づく名産品などを海外向けに展開する。この基礎となる戦略を策定するために、新設した官民有識者会議(福原義春座長=資生堂名誉会長)を新設した。海外市場を地域別・市場規模別に分析し、地域ごとに競争力のある商品を売り込む。

 また、11年度予算でモデル事業構築に19億2000万円を要求。同時にクリエーティブ産業担当の審議官新設も求めた。

 クールジャパン関連事業は、文化庁や外務省、総務省などにまたがるため、これまで統一的な戦略がなかった。経産省はクリエーター等のビジネス支援に特化した戦略をまとめ、他省庁との連携を密にすることで産業化を急ぎたいとしている。


【2010年11月24日 日刊工業新聞社】