HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

大阪・吹田市など、来年1月に地域商品券

 大阪府吹田市は吹田商工会議所などと協力し、2011年1月16日に10%分のプレミアムがついた地域商品券「吹田スマイル地域商品券」を発行する。価格は1万円で、500円券の22枚つづり。市民に市内の店舗での買い物を促し、中小商店の売り上げ増加と商店街活性化につなげる狙い。商品券を利用できる店舗の募集もすでに始めており、小売り・飲食やサービス業など計1000店の参加を目指す。

 商品券が使える期間は、同年2月28日まで。デザインは市のキャラクター「すいたん」を入れる予定で、今年11月末をめどに決定する。店舗面積が500平方メートル未満の中小商店での利用を念頭に置いており、500平方メートルを超える大型店舗は扱い店になれるが、金融機関での換金時に5%の手数料の支払いが必要。

 取扱店の募集など実際の運営は、吹田市商業団体連合会(河野武夫会長=吹田商工会議所副会頭、06-6330-8001)が行う。大阪市内の商店街では大阪商工会議所が率いる“100円商店街”が集客増などの成果を挙げており「額面にちなみ、500円商店街のようなものが構想できれば」(吹田会議所)としている。


【2010年11月19日 日刊工業新聞社】