HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

 

山形県、県産品愛用運動を開始

 【山形】山形県は県内のモノづくり企業などが生み出した製品の愛用を県民に促す県産品愛用運動をスタートした。このほど県庁内で山形県産品愛用運動推進協議会の設立総会(写真)を開き、県産品の消費拡大を呼びかける組織を立ち上げた。県内工場で生産された完成品(最終消費財)を対象に、独自のホームページ(HP)で企業の製品を情報発信する。生産の増加などにつなげ、地域経済の活性化を狙う。

 同協議会は、山形県商工会議所連合会、山形県商工会連合会、山形県企業振興公社、県内の全市町村などで構成。会長には吉村美栄子山形県知事が就任した。事務局は県商工観光部商業・まちづくり振興課に設置した。

 県は10月から運動参加企業(HPへのリンク設定希望先)を募っており、当初111社(10月29日時点)が参加。今後は参加企業の増加を図るとともに、2011年1月にもシンボルマークなどを作成して、運動の浸透を図る方針だ。


【2010年11月5日 日刊工業新聞社】