HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

 

大阪錫器、伝統工芸の体験イベント−関連企業・職人と共同

 大阪錫器(大阪市東住吉区、今井達昌社長、06-6628-6731)は、西陣織や堺打刃物など関西伝統工芸の企業・職人と共同で、2011年3月3日から1週間、近鉄百貨店阿倍野店近鉄アート館で「凄腕職人街」イベントを開く。名人がつくる製品を展示、販売するだけでなく、工芸品づくりを体験できるコーナー(有料)を多数設置する。モノづくりの奥行きを知ってもらうと同時にPRを図る。入場は無料。期間中、約1万人の来場を見込む。

 メンバーは大阪浪華錫器を手がける大阪錫器のほか、唐木指物の山藤家具工芸(大阪府柏原市)、堺打刃物の森本刃物製作所(堺市堺区)、大阪欄間の木下欄間店(大阪府摂津市)、西陣織の渡文(京都市上京区)、京友禅の田畑染飾美術研究所(京都市中京区)、奈良筆の管城(奈良市)など。ほかに泉州桐箪笥(たんす)のメーカーや、紀州漆器の伝統工芸士らも参加する。

 伝統工芸の面白さについて理解を深める機会とすると同時に、製作を体験し汎用品との違いやモノづくりの奥深さを実感してもらう。特殊な材料を使うため体験は有料だが「高くても3000円程度に抑える」(今井社長)方針。


【2010年11月4日 日刊工業新聞社】