HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

 

経営ひと言/三州製菓・斉之平伸一社長「米粉が地域を救う」

 「県産米『彩のかがやき』を使った米粉商品の開発・販売事業が関東経済産業局の地域産業資源活用事業計画に認定された」と話すのは、三州製菓(埼玉県春日部市)社長の斉之平伸一さん。

 「現在、米粉100%のドーナツやライススティックなどを開発中」。つなぎを使わずに商品化するのは大変だが、「アレルギーの方にも安心して食べてもらいたい」という。

 猛暑の影響で規格外の彩のかがやきが続出する中でも、「地域貢献につなげたい」とあくまで意欲的。米粉は地域を救う原動力になるのか、注目されそうだ。(さいたま)


【2010年11月2日 日刊工業新聞社】