HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

堺会議所、自転車拡販で新組織

 【南大阪】堺商工会議所は、地場産業である自転車産業の販路拡大支援に乗り出す。堺市内の自転車小売業58社、自転車完成車メーカー7社と共同で「"堺の自転車"販売拡大会議」を結成。市内の自転車販売店を紹介するパンフレットも製作した。今後は市民へのPRを目指し、地元の小学生や一般市民にパンフレットを配布する予定。一定の安全基準をクリアした自転車に「堺ブランド」の認証を与えることも検討しており、将来は堺ブランドを全国に発信する考え。

 堺市には明治時代以来、多数の自転車部品メーカー、完成車メーカー、問屋、販売店などが集積したが、近年は安価な中国製品の流入もあり、メーカー、小売店ともに減少傾向にある。会議所は疲弊する産地の現状を危惧(きぐ)し、支援を決めた。

 会議は10月に発足。会長は武田自転車(堺市堺区)の武田正社長、副会長はアオキ自転車商会(同)の青木信晴代表と、同会議所の松田昭専務理事がそれぞれ務める。


【2010年11月1日 日刊工業新聞社】