HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

燕三条地場産業振興センター、学生の事業プラン表彰

 【新潟】燕三条地場産業振興センター(新潟県三条市、国定勇人理事長=三条市長、0256‐35‐7811)は、燕三条「学生」ビジネスアイデアオーディションの最優秀賞、優秀賞の3組を決定した。11月10日に同センターで、発表会と表彰式を開く。参加無料。

 地場産業の活性化を狙いに、新潟県内の大学・専門校に在籍する学生、出身学生からビジネスプランを募集した。3回目となる今年はモノづくり系とイベント系合わせて50件の応募があった。審査委員長の高澤彰タカザワ企画社長が講評、表彰式を行う。

 最優秀賞は燕三条の新名物として、「カトラリーのお菓子」を企画した長岡造形大学・大橋麻耶さんが受賞した。優秀賞は、地場の金属加工技術を使った香炉「ほっとpot」の考案で同大・阿部紗貴乃さん、地域のグルメで有名なカレーラーメンをパンに入れて焼いた「カレーラーメンパンと、そのパッケージ」を提案した同大・高崎美帆さんの2組が受賞した。


【2010年10月29日 日刊工業新聞社】