HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

 

千葉信金など、食の商談会を開催

 "千産千消"を信金が後押し―。千葉信用金庫など千葉県内の五つの信金は7日、コラボ産学官千葉支部(千葉市中央区、伊谷啓支部長=千葉信用金庫理事長、043-221-4155)と共催で、千葉市内のホテルで「しんきん食の商談会」を開いた。県内の大手スーパーなど10社のバイヤーと、食材や加工食品の生産者62社が参加した。

 生産者がバイヤーのブースを回り、自社の商品をPR。生産者側で参加したひまわり(佐倉市)は地元で人気の焼き菓子「房総ぼっち」をバイヤー2社に売り込み、1社と取引が決まった。吉田正義ひまわり専務は「実りのある話ができた」と笑顔を見せた。

 伊谷支部長は「今回は大成功。これを試金石にほかの信金と一体となり、さまざまなイベントを開催していきたい」と述べた。


【2010年10月8日 日刊工業新聞社】