HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

福寿園、京都に宇治茶菓子工房

 【京都】福寿園(京都府木津川市、福井正憲社長、0774-86-2029)は京都府宇治市の平等院表参道に「宇治茶菓子工房」を開設した。宇治茶を用いた新たな和・洋菓子を開発する。福井社長は「世界中から来る観光客に宇治茶の素晴らしさをいろいろな角度から実感して頂きたい」としている。

 工房は1階が菓子・茶販売および菓子研究・製造所。2階にできたての菓子や宇治茶を味わえる茶房(喫茶)を設置。オープンに合わせて宇治抹茶を餡(あん)と求肥に使った宇治茶銘菓「宇治のみどり」を開発した。パッケージは日本画家の森田りえ子さんがデザインし、有馬頼底(らいてい)臨済宗相国寺管長が商品の銘を揮毫(きごう)するなど、京都の文化・伝統を強調した。工房の営業時間は10―17時(月曜休館)。一般オープンは30日から。


【2010年9月30日 日刊工業新聞社】