HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

 

大阪観光コンベンション協、外国人留学生を観光大使に

 大阪観光コンベンション協会(大阪市中央区、津田和明会長、06-6282-5900)は、外国人留学生を観光大使「大阪観光アンバサダー」に起用して、大阪の観光振興を推進する。今後3年間で100人程度の観光大使を養成する予定で、帰国後に職場や学校の知人らに大阪観光の魅力を"口コミ"で紹介してもらい、誘客につなげる。

 大阪府内で学ぶ留学生を対象に公募する。大阪観光に関する講義を受講後、大阪市長名で委嘱状と写真入りの証明証を授与して、「大阪観光アンバサダー」を委嘱。帰国後の職場などで名所や食、伝統文化など大阪観光の魅力を自由に伝えてもらう。

 任期などはなく、ボランティアで活動する。同協会からは帰国後もメールマガジンで最新の観光情報を提供するほか、電子会議室を立ちあげてアンバサダー同士の交流の場も設ける。

 初年度となる2010年度は、12月に30人程度に委嘱する予定。「第2の故郷となった大阪の良さを世界に伝えて欲しい」と同協会では呼びかけている。


【2010年9月28日 日刊工業新聞社】