HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

 

奈良県、フィアットと協業加速−市内にカフェ、コラボ商品も

 【奈良】奈良県とイタリアの自動車メーカー、フィアットの日本法人の協業が進展してきた。両者が連携し、10月5日まで期間限定の「フィアットカフェin奈良」が奈良市内で15日にオープン。同時にフィアットの車と奈良の伝統工芸品の鹿皮(しかがわ)・印傳(いんでん)のコラボレーショングッズ5点を商品化、販売が始まった。日本の自治体とフィアットグループの協業は珍しく、奈良県ではイタリアの感性を融合して県内の伝統産業や伝統食材の活性化を目指す。

 奈良県とフィアットグループオートモービルズジャパン(東京都港区)は、2009年11月に文化・経済交流促進協定を締結。カフェ開設やグッズ開発を検討してきた。 フィアットカフェin奈良は、提供する料理に大和肉鶏などの奈良産食材を採用。奈良市内の既存店舗を活用する形で開設し、運営は今西酒造(奈良県桜井市)が手がける。

 コラボレーショングッズは、奈良県毛皮革工場団地協同組合(奈良県宇陀市)の加盟4社が手がけた。ストラップ(2100円)など5品ある。グッズはフィアットカフェでの展示・販売に加え、全国のフィアット代理店などでカタログ販売する。


【2010年9月16日 日刊工業新聞社】