HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

千葉興銀など、聖徳大で県産食材の見本市を開催

 【千葉】千葉県産品で地域活性化―。千葉興業銀行などは10日、同県産食材の見本市「千産千商2010」を同県松戸市の聖徳大学で開催した。

 食育研究家の木村まさ子氏が「育み はぐくまれ」と題して基調講演した後、県内産食材を基に同大学生が作った料理13品や県内企業のブースが並んだ展示・即売会を実施。料理の一つで、白井市産のナシを使った「梨サラダ」を試食した来場者は「県内産食材なので、新鮮。近場なら輸送が楽で環境にも優しいので、自宅でも取り入れたい」と話した。

 見本市は5月に同行と同大学短期大学部が締結した産学連携協定に基づく活動の一環。


【2010年9月11日 日刊工業新聞社】