HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

和歌山市、空き店舗と利用希望者のマッチングサービス

 【和歌山】和歌山市は空き店舗と利用希望者をつなぐマッチングサービスを始める。7日にJR和歌山駅前の空き店舗内に「まちなか不動産案内所」を開設。市中心部に多数存在する空き店舗、空き事務所、空き住宅の情報を集めて、利用希望者に紹介する。案内所の開設と同時に、ホームページ(HP)での物件紹介を開始。不動産に関する勉強会や空き家を巡る見学会なども順次開催する予定だ。空き店舗、空き住宅を減らすことで中心市街地の活性化を目指す。

 和歌山市の中心部である和歌山城周辺地域はかつて一大商業地域だったが、10年ほど前から大型店舗の撤退などが相次ぎ、往時のにぎわいを喪失している。空き店舗、空き事務所も増加しており、治安の面でも問題があった。

 同事業は、市が和歌山県宅地建物取引業協会に委託して、2011年度まで実施する。不動産所有者や仲介業者から情報を集め、利用希望者に紹介。利用希望者は企業や商店のほか、都心部への移住を希望する高齢者なども想定している。


【2010年9月2日 日刊工業新聞社】