HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

馥郁舎と茨城県工業技術センター、無添加豆乳アイスを発売

 無添加で滑らかな舌触りの豆乳アイスはいかが―。食品製造会社の馥郁舎(茨城県古河市、関敏之社長、0280‐76‐5329)は茨城県工業技術センターと共同で、植物性原料のみを使った無添加豆乳アイスクリームを開発、発売した。

 商品名は「APRICO(アプリコ)豆乳ジェラート」。キャラメル風味で豆乳との相性が良い有機しょうゆ、筑波山特産でさわやかな香りの「福来(ふくれ)みかん」を使った寒天ゼリー入り、自社ブランドで販売する梅酒の漬け梅を使ったジャム入りの3種類を用意した。開発に当たり、無添加植物性の高級アイスに期待される風味や滑らかな食感を出すため、原材料の配合などを同センターが支援した。

 1カップ(110ミリリットル)330円で、当初は自社店頭で販売。ネット販売なども検討し、年間6万個を目指す。次の商品として雑穀の糖化液を生かしたアイスも検討している。同社は9月の「ビオファジャパン・オーガニックEXPO」に出展する。(水戸)


【2010年8月31日 日刊工業新聞社】