HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

ドクター・オブ・ジ・アース、飲食店向け産直野菜の受発注サイト今秋開設

 ドクター・オブ・ジ・アース(大阪府茨木市、河村賢造社長、072-641-3440)は、産直野菜の受発注が可能なウェブサイトを開発し、10月初旬から飲食店向けに提供する。飲食店はサイト上で食材の特徴や生産者情報を確認し、発注。同社が生産者から集荷後、小分けして各飲食店へ出荷する。2012年3月末までに200軒の飲食店での利用を目指す。

 サイト上では生産者を顔写真付きで紹介し、食材の生産時期や農薬・肥料の使用状況なども情報公開する。飲食店は毎週木曜日までに発注すれば、翌週の火・木・土曜日のいずれかに受け取ることができる。小ロットの発注が可能で、納品予定日の2日前までなら発注数量の変更もできる。

 生産者からの集荷と、飲食店への小分け出荷はドクター・オブ・ジ・アースが行う。大阪府の同社本社に集荷し、小分けしてその翌日に納品。いったん大阪に集めるため、距離の関係から当面は関東から九州地方までの飲食店を対象にサービスを提供する。サイトの周知や会員の募集は食品関係の展示会などを活用。

 同社は青果の小売りや農業コンサルティングなどを手がけており、約500の生産者との取引実績がある。サイトの開設を機に生産者の新規開拓にも力を入れ、「5年後までに1000の農家との取引を目指す」(河村社長)方針。


【2010年8月23日 日刊工業新聞社】