HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

高橋酒造と繊月酒造、球磨焼酎のショールーム開設

 熊本県人吉市の特産品である球磨焼酎の大手2社が相次いでショールームを開設した。焼酎作りのさまざまな道具や歴史に触れることができるのはもちろん、おみやげとして焼酎を購入でき、試飲もOK。夏休みの行楽ついでにちょっと訪問してみては。ただし試飲後の車の運転はご法度。

 ショールームを開設したのは高橋酒造と繊月酒造。両社とも人吉を代表する焼酎メーカーで、知名度は高い。高橋酒造が開設したのは球磨焼酎ミュージアム「白岳伝承蔵」。伝統製法や道具の展示のほか、定員60人のホールではコンサートや試飲会などを開催できる。常設の試飲、物販コーナーもある。

 一方の繊月酒造は工場の2階部分を増築し、「繊月城見蔵」として整備。室内には自慢の焼酎がずらりと並ぶ。窓からは人吉城が望め、試飲しながらゆったりとした時間を過ごせる。

 球磨焼酎は米を原料にした焼酎。臭みが少なくほどよい香りが特徴。芋焼酎や麦焼酎に押され気味で、全国での普及度は今ひとつ。2011年3月には九州新幹線が全線開業し、関西方面からのアクセスが良くなることで、大手2社のショールームがどれだけの吸引力を発揮できるか。ほのかな香りに引きつけられる人は少なくなさそうだが…。(福岡)


【2010年8月13日 日刊工業新聞社】