HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

燕会議所、メイド・イン・ツバメ認証事業を開始

 【新潟】燕商工会議所は新潟県燕地域で作られた製品を「メイド・イン・ツバメ」として認証する「メイド・イン・ツバメ認証事業」を始めた。認証された製品はオリジナルのロゴマーク(図)を使用できる。同会議所ではメイド・イン・ツバメを地域の新しいブランドとして確立させ、国内はもちろん、海外にも燕地域の優れた製品を発信していく考えだ。

 認証を希望する企業は同会議所に申請する。同会議所内に設けられた認証委員会が審査し、原産地や品質などの基準を満たした製品を認証する。認証によって消費者は燕地域産であることを認識しやすくなり、企業にとっては製品のPRのきっかけにもなる。

 燕地域には研磨業者の共同受注組織「磨き屋シンジケート」などの地域ブランドはあるが、ブランドの性質上、参加できる企業は限られていた。今回は地域の企業が広く利用できる地域ブランドにしていく。


【2010年8月11日 日刊工業新聞社】