HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

兵庫県、観光地ネット動画に中国語版を制作−「You Tube」などに掲載

 【神戸】兵庫県は県内観光地を紹介する外国語の動画ビデオを制作した。中国人向けの個人観光ビザ発給要件緩和を受け、中国を中心とする海外からの観光客を呼び込むのが狙い。インターネット上の「You Tube」などの動画共有サイトに掲載し、個人や業者の利用を促進。世界遺産の姫路城や日本を象徴する温泉、ファッションといった独自の観光資源をPRして、大阪や京都に比べ観光コースから外れがちな同県の認知度を高め、観光誘致につなげる。

 制作したビデオは中国語版と英語版の計15本。紹介する観光地を擁する姫路市と神戸市、豊岡市、宝塚市と兵庫県で制作費を分担し、制作をピー・キューブ(大阪市福島区)に委託した。同県の観光サイト「ひょうごツーリズムガイド」内でも視聴可能。関西在住の外国人をリポーターに起用し、観光客と同じ目線で魅力を伝えることで海外視聴者の感性に訴える。

 今後は観光・宿泊施設などの事業者に共有を呼びかけ、ホームページ(HP)やブログ上での動画の利用などに結びつける。そのほか、県の海外での観光誘致にも活用する方針。

 中国人向けのツアーは関西では大阪や京都を巡り、その後東京に向かって移動するのが一般的で、西に位置する兵庫県を訪れるケースは少ない。同県では「何か突出したものがないとこれらの地域とは戦えない」(兵庫県国際観光課)として差別化を図る。


【2010年8月4日 日刊工業新聞社】